プレゼン資料の作り方講座

あなたのプレゼン資料、わかりやすいですか?

プレゼン資料の作り方

私自身、セミナーの聴講に出向くことがあります。

中には、とてもよいお話ではあるのに、PowerPointのスライドがあまりにも見づらくてがっかりすることも。また、講師の方がパソコンの操作自体になれておられず、スライドの切り替えもスムーズでない。

これでは、せっかっくのすばらしい内容なのに、随所で流れが止まってしまい、ゲンメツしてしまうことになりかねません。

スライドを使ってセミナーやプレゼンをするなら、聞き手の立場に立った形にすべきです。

聞き手をがっかりさせないためにも、スライドを効果的に使った話し方を是非身につけましょう。

マイクロソフト認定トレーナーによるプレゼン資料の作り方講座

アイプロダクトでは、MCT(マイクロソフト認定トレーナー)でもあり、また、講師自身のPowerPointを使った豊富なプレゼン経験を活かして、PowerPointでの効果的なプレゼン資料の作り方をご説明いたします。

たとえば、

  • PowerPoint(パワポ)で訴求力のあるプレゼン資料の作り方をマスターしたい。
  • Macを使って、かっこよくプレゼンしたい。
  • セミナー講師として、人をひきつけるようなレクチャーがしたい。

などのご要望にお応えする、より実践的なカリキュラムをご用意。Windows・Macどちらのユーザの方にも対応しております。

Macでも、PowerPoint(パワポ)は使えます!

古くからMacをお使いの方が、「MacでプレゼンするならKeynote(キーノート)じゃなくちゃね。PowerPoint(パワーポイント)なんて使いものにならないよ。」とおっしゃっているのをよく耳にします。

そんなことはありません。

MacにもMicrosoft Officeは用意されています。また、PowerPointは、Windows版の2007から大きく機能アップしており、それはMac版のPowerPointにも反映されています。

確かに、古いverのPowerPointでは、ビジュアル的に不満足なものしか作れなかったでしょう。しかし、今は違います。

あなたのPowerPointの資産を無駄にせず、Macでかっこよくプレゼンをすることは難しくはありません

ただ、WindowsとMac版では、若干の違いがあります。また、Macならでは用意されている機能もあります。

PowerPointを使い続けたい、そんな方には「MacでPowerPointを使うときのポイント」をお話しいたします。

かっこいいプレゼンをするには「発想」を変えること

「Keynoteを使うとプレゼンがかっこよくなる」と思われていますが、それはPowerPointに比べ、Keynoteの機能が格段にすぐれているからというわけではありません。

Keynoteでかっこいいプレゼンをするには、これまでPowerPointで作っていたスライドのスタイル(作り方)改める、という発想が必要です。発想の転換さえすれば、PowerPointを使ってもプレゼンはかっこよくなります。

KeynoteはiPadでプレゼンをするには便利です。

ただ、発表の直前に細かな手直しをしたくなった場合は、やはりパソコンのほうが使い勝手がよいものです。ですから、iPad自体を紹介するような場ならまだしも、一般的なプレゼンではまだまだパソコン(Mac)を使うことをオススメします。

また、KeynoteからPowerPoint形式での書き出しを行うことはできますが、フォントや、アニメーション(画面に動きをつける設定)などが 違うため、Windows上でさらに手直しをする必要があります。

Windowsとやりとりしながらプレゼンのスライドを仕上げるのであれば、選択肢はPowerPointです。

MacでもPowerPointを使い続けるか、それともKeynoteという新しいツールを使うのか。

もちろん、どちらの選択肢もありです。

ただ、「かっこいいプレゼンをしたい。」というのなら、まずは「発想の転換」が必要なのは、どちらも同じです。

スライドを効果的に使う術

「スライドを使ってのプレゼンは、猿回しの芸と同じ。」と、私はいつも申しあげています。

  • スライド=猿
  • 猿回し=スピーカー(話し手)

です。

いくら、猿に芸をしこんでも、猿回しが猿にうまく指示を出すことができなければ、猿は芸をしてはくれません。

プレゼンも同じです。

スライドをいくらかっこよく作ったところで、そのスライドを自分の話に合わせてうまく操作しなければ、プレゼンテーションは成り立ちません。

アイプロダクトでは、単にプレゼン資料の作り方をお教えするだけではありません。

プレゼンターや講師の方に、「スライドを効果的に使った話し方」もご習得いただきます。




アイプロダクト「プレゼン資料の作り方講座」お問い合わせ

サブコンテンツ

このページの先頭へ